2013年8月1日

皆様に応募して頂いた演題の選考が終了しました

こんにちは、プログラム担当のはたです。


Call for Proposal(CfP) の受付を7月9日で終了しました。

延長した甲斐もあり、日本語56件、英語46件もの応募がありました。

沢山のご応募ありがとうございます。


その中から以前書いた選考基準に則って、運営チーム8名で選考をし47件の講演を採用させて頂きました。

今年は例年に比べ基準を満たす応募が多かったため、去年までだったら採用していたであろうものを幾つも採用することが出来ませんでした。

ですが、悩んだ甲斐もあり皆様に満足して頂ける講演を選ぶことが出来たと思っています。


今年は選考基準を満たす中で以下に該当するものを優先して採用しました。
  • PythonやPythonの周辺環境に関する講演
  • なるべく多くのPythonユーザーに興味がありそうな講演
  • 紹介や体験談ではなく技術的な内容の講演


タイムテーブルの確定と採用した講演の公開は8月12日頃を予定しています。

もうしばらくお待ちください。

はた

0 件のコメント:

コメントを投稿