2014年1月16日

1分で読めるリーダーミーティングレポート(2014/01/14分)

2014/01/14、リーダーミーティングが開催されました。
今回も、ざっくりと内容についてレポートします。
議事録はこちらをご覧ください。
https://docs.google.com/document/d/143_JppmG7X6Dc3F11qCwE72R4-3stsbZFixDikpOXY8/edit

テーマについて

先日もお伝えしたとおり、PyCon JP 2014のテーマは「Pythonで再発見」に決まりました。「PyConで、Pythonで、いろんな再発見をしてもらいたい」という思いから、このテーマに決まりました。これから、みなさんにPythonの様々な楽しい面を知ってもらえるようなカンファレンスにしていきますのでご期待ください!
英語版のテーマも作成する予定です。英語ネイティブ・英語が得意なスタッフと相談して、「Pythonで再発見」の適切な訳を作ります。

会場について

候補となっている会場の仮予約を入れました。
これから、割引が可能かどうかの確認、現地の下見を行います。
まだ会場が確定ではないのですが、「この会場候補であれば、こんなことができるのでは?」といったアイデアが出てきて、今までとは違ったPyCon JPになりそうな感じです!

サイトについて

昨年、PyCon JP公式サイトを作るため、要件の洗い出しを行ったのですが、この後のアクションについての計画を立てました。今後は、以下のタスクを実施します。
  • 洗いだした要件をまとめる
  • 外部の業者に開発を委託する
  • 外部の業者との窓口になる担当者を決める

マイルストーンについて

各チームが記入したマイルストーンのレビューを行いました。

今後のチケット管理について

各チームのリーダーが、週一で終わっていないチケットの進捗状況を確認することになりました。

予算について

予算についてのレビューを行いました。
チケット代を値上げした場合・値下げした場合、スポンサーが想定通り集まった場合・集まらなかった場合など、複数のパターンでシミュレートしました。
また、予算とは少し話がずれますが、パーティに未成年が参加した場合に、アルコールを飲ませないように何らかの対策が必要ではないか、という話が上がりました。

スポンサー向けの特典について

スポンサー向けの特典について、事務局チームが考えたアイデアを元にディスカッションを行いました。
スポンサーのみなさんに喜ばれる、かつプレミア感がある特典にするためのアイデアを出し合いました。
リーダーミーティングの様子
リーダーミーティングの様子
今回は以上です。
次回のリーダーミーティングですが、大枠が決まったということもあって、しばらくリーダーミーティングは開催しないことになりました。ただし、マイルストーンにずれが発生してリカバリー案を協議する必要がある、などの非常事態の場合は開催します。
ということで、リーダーミーティングレポートはしばらくお休みです。

0 件のコメント:

コメントを投稿