2014年5月15日

CfP (演題募集)を開始しました

PyCon JP 2014 では、演題の募集を開始いたしました!
昨年応募された方から Python を始めたばかりという方まで、広くご応募いただければと思います。

演題について
今年のテーマである "Python で再発見 - Rediscover with Python"に沿って、「Python で再発見」できるような演題を歓迎します。もちろんそうでない内容でも全く問題ありません。
日頃の研究・成果等、PyCon JP で話したい・議論したい・共有したいことがありましたら、ぜひご応募下さい!

セッションについて
トークセッションは基本の枠が30分となっており、去年よりも短めです。セッションの言語は、去年と同様に、日本語か英語でお願いいたします。
提案されたセッションの中から、PyCon JP チームで選考を行い、7/7を目安に採用結果の通知を行います。
また、ポスターセッションや Lightning Talk 等も企画しており、詳細が決まり次第、募集を行う予定です。

応募方法
PyCon JP 2014 のサイトでアカウントを登録し、ダッシュボードより行って下さい。
「スピーカー用プロファイルを編集する」より自分の情報を登録し、その後「新しいプロポーザルを提出する」よりトークの情報を入力し、保存して下さい。

その他、詳細は演題募集のページをご確認ください。

CfP の締め切りは6/20を予定しています。
皆さまのご応募をお待ちしております!

2014年5月13日

PyCon JP 2014の本サイトが公開されました

昨年末にティザーサイトを公開しておりましたが、PyCon JP 2014 の本サイトがオープンしました!今後はこちらのサイトにてお知らせを発信いたしますので、ぜひご覧になってくださいね。

▼ PyCon JP 2014
https://pycon.jp/2014/


また、スポンサーシップのお申し込みも、こちらのサイトよりしていただけます。
スポンサーをご検討されている方は、以下の手順に従ってお申し込みください。

  • サイト上部の「登録する」よりアカウントを作成いただきます。
  • ログイン後、「ダッシュボード」の「スポンサーに応募する」よりスポンサー情報、スポンサーレベルをご記入いただき、「Apply」を押してください。
お申し込みが完了次第、担当よりご連絡いたします。


その他の機能も今後追加される予定です。
公開され次第、順次当サイトにてお知らせいたします。

なお、PyCon JP 2014では、引き続きボランティアスタッフも募集しています。
ボランティアスタッフへの応募は、サイトの「スタッフ募集について」のページをご参照ください。

▼ スタッフ募集について
https://pycon.jp/2014/about/staff/