2018年1月21日

PyCon JP 2018スタッフ募集開始!

PyCon JP 2018座長のyoshidaです。

PyCon JP 2018スタッフ募集を開始しました!



PyCon JP 2018917(月・祝)18()にカンファレンス開催予定です。

PyCon JP 2018
をアクティブに企画、進められるスタッフを募集しています。
Pythonコミュニティを盛り上げたい方やカンファレンスのスタッフをやってみたい方をお待ちしています。

PyCon JP
スタッフがどんな活動をしているか、見てみたい方は https://pyconjp-staff.connpass.com/ から「にぎやかし」でミーティングに参加してみてください。
次回のミーティングは1/26()を予定しています。

スタッフ体制の変更点
今年は会場のネットワークを構築するNOCチームの募集も予定しています。開催数ヶ月前に募集開始を予定しています。

今年は会場が広くなるのもあり、当日スタッフの募集も行います。開催1-2ヶ月前の募集開始を予定しています。

チーム構成と役割
 PyCon JP会期中のコンテンツをまとめるチーム
    -セッション
       キーノート、Talk、ポスターセッション、同時通訳、LT
    -企画
       チュートリアル、スプリント、オープニング、クロージング
      (オープンスペース、ユースコーダー、ビギナーセッション、招待講演)

事務局チーム
    -スポンサー、マーケティング
      通常スポンサー対応、海外スポンサー対応、メディアスポンサー対応
      外部への宣伝とか情報を出す部分をとりまとめるチーム
      TwitterFacebookPyCon JP BlogWeb記事等での広報
    -イベント会計

会場チーム
 物理的なものとかをとりまとめるチーム
    -会場選定、設備、動画配信
    -ランチ、おやつ、Party
    -備品管理
    -NOCチーム
        -カンファレンスネットワークの設計構築

システムチーム
  PyCon JPのシステム面をとりまとめるチーム
    -Webシステム、スマホアプリ
    -参加者管理(チケット販売、問い合わせ対応、受付)

デザイン・グッズチーム
 グッズ制作、冊子(紙)、バナー制作
    -デザイン担当
    -発注担当

当日スタッフ
    -会場チームやプログラムチームの前日、当日のお手伝い中心
    -会場設営、撤収作業など
    -各セッション進行支援(スピーカーへの設備説明、タイムキーパーなど)
    -当日スタッフ活動は事前MTG(開催1ヶ月くらい前)と開催直前~直後を予定しています。

スタッフ申込方法
PyCon JP 2018のスタッフを希望する方はフォームから必要事項を入力してください。後日Email/Slack等で詳細を確認します。基本的にスタッフ作業はSlack/JIRA/GoogleDocs/Emailで行っています。

一緒に今までで最高の PyCon JP を作りましょう!!

2018年1月15日

「Python Boot Camp in 金沢」開催決定のお知らせ

皆さま、こんにちは。
「Python Boot Camp in 金沢」現地スタッフの大畑です。

このたび、Python Boot Campが金沢で開催されることになりました!
会場は、金沢駅から徒歩10分の「情報化研修室(ITビジネスプラザ武蔵)」です。

金沢駅 / 写真提供:金沢市

▼イベント詳細


日時:2018年2月24日(土) 13:00 - 17:00(12:30から開場、受付開始)
会場:ITビジネスプラザ武蔵 情報化研修室(4F)
住所:石川県金沢市武蔵町14番31号

すでにconnpassで募集を開始していますので、お申込みは以下のリンクからお願いします。

▼Python Boot Campとは?


Python Boot CampはPythonの初心者向けの講座です。
多くの皆さんにPythonを知ってもらうために、全国各地で
初心者向けのチュートリアルを行っています。

Pythonとはなにか、という基本的なことから学び、最後に
実践的なプログラミングを学びます。
難しくないかしら…と思っている方も安心して参加してください。
Pythonはコードがシンプルで、プログラミング初心者でもわかりやすい言語です。
しかも講師、そしてTA(アシスタント講師)が丁寧に教えてくれますよ。

今までは都心などに出なければ学べなかったPythonを、
ここ石川県でも学べるチャンスです。
なかなか都内まで足が向かないという方、周りにPythonをやっている人が
いなくて手を出せなかった方、このチャンスにPythonに触れてみるのはいかがでしょうか?

過去の開催実績は以下にまとめていますので、雰囲気などを参考にしてください。


▼講師のご紹介


今回の講師は鈴木たかのりさんです。
以下に鈴木たかのりさんのプロフィールを紹介します。

鈴木たかのり (@takanory)
部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い、その後必要に迫られPythonを使い始める。
PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し、
2014年から2016年の3年間は座長をつとめる。
共著書に『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』
いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』
Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版(2015 秀和システム刊)』
Pythonライブラリ厳選レシピ(2015 技術評論社刊)』などがある。
趣味は吹奏楽とレゴとペンシルパズル。

▼金沢市ってどんなところ?


江戸時代から育まれた独自の工芸や美術、文化が
色濃く残る加賀百万石の城下町「金沢」。
2011年にアメリカの旅行雑誌「トラベル&レジャー」のWeb版で、
世界で最も美しい駅14選の6位に選出された金沢駅や
日本三名園の1つに数えられる兼六園、金沢21世紀美術館があります。
名産品はのどぐろ、じろあめ、あんころもち、笹寿司、YUKIZURIが有名です。

▼懇親会もあります


イベント終了後には懇親会も行われます。
本編で聞けなかったことなどを、鈴木さんやTAの方などのPythonエキスパートに
直接質問してPythonへの理解を深められる絶好の機会ですよ!
数枠ですが本編に参加できなかった方でも懇親会のみ参加できる枠が
ありますので、お気軽にご参加ください。

それでは2月24日(土)に金沢でお待ちしております。